top of page

Acerca de

参加規約

本参加規約は、髙桑正義写真事務所(以下「主催者」といいます)が運営するワークショップ(以下WSと記載)への参加ないし申し込みにあたり、遵守していただく諸条件を定めるものです。

 

本WSへのお申込をもって、申し込み者は参加者(本WSに参加する者)となり、本参加規約に同意したものとみなします。

 

  1. 【目的】本WSは、講師の持てる知識と技術を伝授し、参加者の写真撮影技術向上を目的としています。

  2. 【アイディア】本WSにおいて講師が提供したアイディア(コンセプトおよび撮影技術、講義ノウハウ等を含みます)は、参加者の今後の写真作品制作に利用することができます。ただし、本WSで提供したアイディアを講師の許可なくネットワーク上への漏洩、商業利用及び参加者個人の知的財産として公表することを禁じます。

 

  1. 【規則・指示等の遵守】参加者は、主催者による本WSの円滑な運営のため、主催者の規則・指示等にしたがうものとします。また、主催者が本WSにおいて参加者に提供する、文章、スケッチ、図、データ、写真、動画、音声、その他 一切の提供物(以下「本提供物」といいます)について、善良な管理者の注意をもって使用し、かつ、各号の定めに従うものとします。

(1) 主催者の承諾なく、本提供物の複製、複写(本提供物の撮影を含む)を行わない。

(2) 本提供物を本WSの参加の目的以外に使用しない。

(3) 本WSにおいて参加者が撮影したモデル写真(顔の認識可否を問わず)の肖像権は、モデル本人に属し、モデルの許可なくその成果物を公表、販売しない。

(4) 本WS内での成果物をコンテスト及び写真展に出展しない。

(5) 本WSにおいて参加者が撮影したモデル写真(顔の認識可否を問わず)は、本WSに参加した旨を明確に記載した場合にのみSNSに投稿できるものとする。(#高桑塾 のハッシュタグは必須とします)

(5) その他本提供物に関する主催者の指示に従う。

 

  1. 【免責】本WSに関連して参加者又は主催者が生命身体もしくは財産上の損害を被った場合、その損害は参加者の故意または過失に基づく場合参加者自身が負担し、主催者に何ら請求してはなりません。参加者の故意または過失により主催者が生命身体もしくは財産上の損害を被った場合は直ちに該当参加者本人へ請求いたします。本WSにて使用中の機材等の破損の場合は同機材の再調達価格と同等の弁償金の請求をいたします。主催者にその損害の発生について故意または過失が存在する場合はこのかぎりではありません。

 

  1. 【紛争処理及び損害賠償】参加者による本WSの利用に関して、参加者が他の参加者その他の第三者からクレームを受け、またはそれらの者との間で紛争が生じた場合でも、参加者は自らの費用と責任でそのクレーム又は紛争を処理するものとします。主催者が、前項のクレーム又は紛争に関連して、他の参加者その他三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、参加者は当該請求に基づき主催者が当該三者に支払いを余儀なくされた金額を賠償しなければなりません。

 

  1. 【責任】参加者が以上の各項の定めに違反し、主催者または第三者に対し損害を与えた 場合は、自らの責任と負担によりこれを解決し、主催者に対し損害の賠償等を請求しません。

 

  1. 【キャンセルポリシー】いかなる理由があろうともキャンセル料(手数料がかかります)はご利用日の7日前より発生します。
    受講日の7日前から50%、3日前から当日は100%のキャンセル料が発生します。また、受講当日に連絡無く不参加の場合も、キャンセル料100%を請求致します。

       請求額:キャンセル料 + システム使用手数料(キャンセル料の4)の合計金額

       当方が請求手続きを行なったにも関わらず参加者が支払いに応じない場合、その理由如何に関わらず当方は、当方の別途定める手続きにより、事業者に対し、当該参加者の請求先の住所、氏名、連絡先電話番号などの個人情報を通知する場合があります。

2023年9月29日改訂

bottom of page