IMG_9040.JPG

基礎固め3回コース

月に1度の参加、3ヶ月で全3回受講の『3回コース』

この度フォトワークショップ髙桑塾では、2022年より新らしくストロボライティングを学ぶための『3回コース』を開催致します。

 

現在開催しているその日限りの単発ワークショップはストロボを扱ったことのない初心者の方からプロとして活動されている方まで幅広くご好評いただいております。

今回開催する3回コースでは、さらに基礎を深く掘り下げて学ぶ事ができ
より確実に正しいストロボライティングの知識とスキルを習得する事ができます。高桑塾では座学だけでなく、受講者自身で実際にモデル撮影を行いながら進める形式のワークショップになっています。様々な広告現場で活躍する当ワークショップ講師の髙桑正義があなたのライティング技術向上をサポート致します。

 

このような方におすすめ!!

 

これからプロを目指そうとしている方

プロとして確実な技術を得たい方

プロではないが誰よりも上手くなりたいと思う方

IMG_3700.heic
IMG_3703.jpeg

《開催日程》

1月よりスタートし、以下の日程にて実施致します。

日程をご確認いただき、参加希望の組を選択してください。

 

1.『土曜クラス[午前組]』

2.『土曜クラス[午後組]』

3.『日曜クラス[午前組]』

4.『日曜クラス[午後組]』

 

・時間

午前組:10〜13時    午後組:14〜17時

 

・開催スケジュール

土曜クラス: 1/22, 2/12, 3/12

日曜クラス: 1/23, 2/6, 3/6

 

※急遽都合がつかなくなった場合、
 クラス及び午前午後組の変更はご相談ください。

カリキュラム

【第1回(1/22, 23)】所要時間3h

・ストロボライティングとは

まずストロボの役割、必要性について学びます。灯数が増えていけばさらに理解度が重要となっていくので必ず抑えておきたいポイントです。

 

・1灯目のメインライトについて

この項目が最重要と言っても過言ではありません。基礎の基礎からしっかりと実践形式で体感することで、ストロボ1灯の使い方を学んでいただきます。

 

・ストロボと被写体、背景などの空間の関係について

・ストロボの使い方

・ストロボ周辺の機材の使い方

・1灯で光を調節する方法

・1灯で表現の幅を広げる方法 など

 

 

【2回 (2/6,12)】所要時間3h

この日はストロボ2灯でライトを組む方法を習得していただきます。

第1回で学んだ1灯ライティングから、もう1灯加える方法や考え方、環境に応じた対応法などを具体的に展開していきます。

 

・2灯目のストロボの役割について

・具体的なセッティング方法

・2灯の光量調節

・効果的なアイテムの選択と使用方

・状況に応じた設置方法

・意図した世界観を表現するためのライティング

・ライティングによる写真のバリエーション など

 

【第3回 (3/6,12)】所要時間3h

いよいよストロボ3灯を用いてライティングを組んで行きます。基本である1灯から2灯目を追加し、そこからさらにもう1灯加えて、よりクオリティーの高い作品を作れるようになりましょう。

灯数が増えればその分調整も複雑になりますが、方法さえ身につければご自身で自由自在にセッティングできるようになります。

 

・3灯目のストロボの役割について

・具体的なセッティング方法

・3灯の光量調節

・頭数を増やす場合の注意点

・効果的なアイテムの選択と使用方

・状況に応じた設置方法

・意図した世界観を表現するためのライティング など

 

​※ 3日間のカリキュラムは土曜、日曜共に同一内容となります。

《費用》

3回コースワークショップ参加費

・6万円(税込) 今回だけの特別価格!!

 

《場所》

当社スタジオ(京王線東府中駅から徒歩7分)

※詳細は参加者にのみお伝え致します。

 

《お申し込み方法》

メールにて参加受付をしております。

・お名前

・SNSネーム

・ご住所

・携帯番号

・3回コース参加希望

 

以上の項目をご記入の上、メールにてご連絡ください。

The date of.jpeg

​受講生の声

先日のワークショップは濃厚な写真のエキスを浴びて脳から汁が出る勢いでした。

 

基本にして極意である一灯ライティング。

今までは感覚や独学で実践していたことが、高桑さんの理論の基に撮影すると光の質のコントロールがこんなにも向上するのか!と感動しっぱなしでした。

「全ての光は透過している」の高桑さんの言葉は、自分のいままでの写真人生の本質に触れた瞬間でした。全てが腑に落ちました。

これからもっと写真を撮るのが楽しみになりました。

こんなにも実になるワークショップは他にないと思うほどです。

本当にありがとうございました。