Beautyという選択 Choosing Beauty

更新日:1月27日



私がBeautyというジャンルを専門にすることを選択をしたのはなぜなのか。


ヘアメイクアーティストとチームを組んだことがきっかけだったのか。

それとも元々、人それぞれの骨格や曲線が好きだったことが原因か

それは今となっては当時の感覚も思い出も混ざり合って分からない。


自分にとって何が今を作っているのかは過去にある。

過去は結局今なんだ。こう書いている今でさえ、瞬間瞬間過去になる。


今の積み重ね、踏み出す一歩一歩が大事だ。


そんなことを思う朝でした。


Why did I choose to specialize in the Beauty genre?


Was it because I teamed up with a hair and makeup artist?

Or was it because I originally liked the skeletal structure and curves of each person?

I don't know now, because I have mixed feelings and memories of that time.


What makes the present for me is in the past.

The past is the present after all. Even now, as I write this, it becomes the past every moment.


The accumulation of the present, each step I take is important.


That's what I was thinking this morning.



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示